豪のアイヌ遺骨、返還の意向 大使、北海道知事らに伝達

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 オーストラリアのリチャード・コート駐日大使(左)と面会する北海道アイヌ協会の阿部一司副理事長(右)=8日午後、札幌市中央区

 オーストラリアの博物館に保管されているアイヌ民族の遺骨を巡り、同国のリチャード・コート駐日大使は8日、札幌市内で高橋はるみ北海道知事、北海道アイヌ協会の阿部一司副理事長と相次いで面会し、返還する意向を伝えた。在日豪大使館によると、二つの博物館に遺骨3体が保管されている。

 コート大使によると、博物館側が返還に同意していることを知事らに説明した。具体的な返還先や方法については、日本政府やアイヌ協会と交渉を進める。コート大使は「(返還への)前向きな動きを期待している」と述べた。

 遺骨は国立オーストラリア博物館などが保管している。