静岡県知事選、現新2人の争いに 投開票は25日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 静岡県知事選が告示され、街頭演説する川勝平太氏(左)と溝口紀子氏=8日

 8日告示された静岡県知事選は午後5時で届け出が締め切られ、いずれも無所属で、バルセロナ五輪女子柔道銀メダリストの新人溝口紀子氏(45)と、3選を目指す現職川勝平太氏(68)の一騎打ちとなることが確定した。投開票は25日。

 川勝氏は8日午後、同県沼津市で街頭演説し「東海地震対策など危機管理を最優先に実施し、若者の人口流出対策も行う。暮らしに豊かさを実感できるようにする」と訴えた。

 溝口氏は浜松市で「銀メダルを取るより子育ての方が難しい」と子どもを育てながら大学院を受験した経験に触れ「今の静岡では子を育てにくい。刷新には、女性の目線が必要だ」と主張した。