サッカー日本代表、テヘランへ 13日にW杯予選イラク戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 W杯アジア最終予選のイラク戦のため、イランに向けて出発する本田(中央)ら=8日夜、成田空港

 サッカーの日本代表は8日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のイラク戦(13日・テヘラン)に向け、成田空港から開催地イランへ出発した。

 出発前には東京都内で約1時間半練習した。大迫(ケルン)ら主力は軽めに体を動かし、控え組がミニゲームやシュート練習に取り組んだ。7日のシリアとの国際親善試合で左肩関節を脱臼した香川(ドルトムント)はチームを離脱。吉田(サウサンプトン)は腰の張り、酒井宏(マルセイユ)は右膝痛、山口(C大阪)は右すね打撲のため練習を休んだ。