全仏、ハレプとオスタペンコ勝つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子シングルス準決勝 ティメア・バシンスキーからポイントを奪いガッツポーズするエレナ・オスタペンコ=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの四大大会第2戦、全仏オープン第12日は8日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準決勝で第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第2シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6―4、3―6、6―3で勝ち、準優勝した2014年以来、3大会ぶりの決勝進出を果たした。

 もう1試合は世界ランキング47位のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)が第30シードのティメア・バシンスキー(スイス)を7―6、3―6、6―3で破り、四大大会で初めて決勝に進んだ。