空自輸送機が滑走路外れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 滑走路を外れた航空自衛隊C2輸送機=9日午前9時32分、鳥取県境港市の米子空港

 9日午前6時40分ごろ、鳥取県境港市の米子空港で、訓練中の航空自衛隊美保基地所属のC2輸送機が滑走路を外れ、草地に突っ込んだ。美保基地などによると、乗員6人にけがはなかった。空港は同基地と民間の共用で、滑走路を一時閉鎖した。

 同基地などによると、輸送機は模擬離陸訓練をしていたが、ハンドル操作ができなくなった。ブレーキも利かなくなったため、誘導路から滑走路に入る際、曲がり切れず、滑走路を横切る形になったという。空自と県警が詳しい原因を調べている。

 C2輸送機は今年3月末に同基地に3機が配備され、12月の任務開始に向けて運用試験を行っている。