朴前韓国大統領の妹を在宅起訴 詐欺罪で検察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 5月、朴槿恵前大統領の初公判を傍聴しようとソウル中央地裁を訪れた朴槿リョン氏(共同)

 【ソウル共同】韓国検察は9日、朴槿恵前大統領=収賄罪などで起訴=の妹、朴槿リョン氏を詐欺罪などで在宅起訴したと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。前大統領と親友、崔順実被告を巡る国政介入事件とは別の事件での立件。大統領の親族や側近の不正を取り締まる特別監察官が昨年、検察に告発していた。

 聯合によると槿リョン被告は2014年、知人の運営する法人が、ある開発事業を巡って物品を納品できるよう口利きすると約束し、知人側から小切手で計1億ウォン(約980万円)をだまし取ったとされる。