ミゲル・デスコト氏死去 国連の元総会議長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ミゲル・デスコト氏(中米ニカラグアの元外相、元国連総会議長)ニカラグアのメディアによると8日、首都マナグアで死去、84歳。数カ月前から体調を崩していた。

 70年代、貧しい人々の救済に熱心な「解放の神学」のカトリック神父からニカラグアのサンディニスタ革命に参加。79~90年、外相。国連大使を経て、08~09年に第63会期国連総会議長。09年8月には議長として広島、長崎を訪問した。(カラカス共同)