五輪専用レーンは逆効果も 組織委と都、全面導入見送り確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は9日、交通工学や物流の専門家による「交通輸送技術検討会」の初会合を開き、シミュレーションの結果、大会関係車両だけが通行する「五輪専用レーン」を設けても効果的ではないケースがあることが分かったとして、全面的な導入は見送る方針を確認した。

 組織委と都は、各競技会場や羽田、成田両空港と中央区晴海の選手村を結ぶ21のルートについて、20年7月の予測交通量を基に専用レーンを導入した場合の効果を検証した。選手村とメインスタジアムの新国立競技場(新宿区)を結ぶルートでは、所要時間が逆効果となるデータが出た。