マレーロの本塁打取り消し ホーム空過、記録は三塁打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日の交流戦、オリックス―中日1回戦(京セラドーム大阪)で、オリックスのマレーロが五回に2点本塁打を放った後、ホームインの際にホームベースを空過したため本塁打が取り消される珍事があった。

 マレーロは無死一塁から中日・小笠原のボールを左中間席に運んだ。一塁走者に続いてマレーロもダイヤモンドを一周して逆転かと思われたが、中日側がアピール。ホームベースを踏んでいたかを見ていた一塁の吉本審判員がアウトを宣告した。若月の得点は認められ、マレーロの記録は三塁打となった。