菅氏、再調査で釈明に終始 「文科相の判断」繰り返す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する菅官房長官。「加計学園」問題を巡る記録文書に関する再調査で釈明に追われた=9日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、学校法人「加計学園」問題を巡る記録文書に関する再調査で釈明に追われた。松野博一文部科学相が総合的に判断したとの説明に終始。「松野氏が現状を一番分かっており、賢明な判断だ」とも述べ、これまで再調査を拒否してきた政府の姿勢との整合性に疑問符が付くような発言を繰り返した。

 会見では、再調査を決めた理由に加え「総理の意向」などと記された記録文書を「怪文書」としてきた自身の対応などについて質問が相次いだ。菅氏は文書について「信ぴょう性がよく分からない」との認識を重ねて強調したものの、怪文書の表現は避けた。