トランプ氏、宣誓証言の用意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で語るトランプ米大統領=9日、ホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は9日、米大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」を巡るコミー連邦捜査局(FBI)前長官の議会証言の一部について「真実ではない」と批判した。自身も宣誓した上で証言する用意が「100パーセントある」と表明。疑惑捜査を統括するモラー特別検察官にも喜んで話すと強調し、「トランプ政権がうそをついている」と痛烈に批判したコミー氏に反撃する姿勢を鮮明にした。

 宣誓証言で虚偽の説明をすれば偽証罪に問われる可能性がある。トランプ氏はコミー氏の証言を虚偽だと批判する一方、自分も宣誓証言できることをアピールし、自らの主張の正当性を訴えた。