北日本で落雷や突風の恐れ 気象庁が注意呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は10日、北日本で同日夕方にかけて大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、北日本の上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込み。局地的に激しい雨が降る所があり、ひょうが降る恐れもあるという。