大リーグ青木無安打、2千まで2

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 エンゼルス戦の7回、中飛に倒れ、3打数無安打に終わったアストロズ・青木=ヒューストン(共同)

 【ヒューストン共同】米大リーグは9日、各地で行われ、アストロズの青木はヒューストンでのエンゼルス戦に8番・左翼で出場し、3打数無安打1打点で日米通算2千安打にあと2本のまま。チームは4―9で敗れた。

 ドジャース前田はレッズ戦で六回からメジャー初救援し、4回を本塁打含む3安打1失点、無四球6三振でプロ野球広島時代から通じて初セーブ。試合は7―2だった。

 マーリンズのイチローはパイレーツ戦六回に代打で中前適時打。守備には就かず、チームは12―7で勝ち3連勝。

 カブス上原はロッキーズ戦の八回に登板し1回1安打無失点。チームは3―5で敗れ、3連敗となった。