東名バス事故45人けが、愛知

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東名高速道路上り線で乗用車(上)と衝突し、大破した観光バス=10日午前、愛知県新城市(東神観光バス提供)

 愛知県新城市の東名高速道路で乗用車が中央分離帯を越えて対向の観光バスに衝突した事故で、県警は10日、バスの乗客乗員47人のうち45人がけがを負ったと明らかにした。6人が腕などを骨折し、残りは軽傷だった。

 乗用車を運転し、死亡したのは浜松市東区の医師伊熊正光さん(62)と判明。県警は、車が分離帯を越えた経緯を調べるなど事故の原因を捜査している。

 県警などによると、事故は10日午前7時半ごろ、東名高速上り線の新城パーキングエリア付近で発生。バスは愛知県豊橋市の「東神観光バス」が運行し、日帰りツアーで愛知県豊川市を出発し、山梨県などに向かっていた。