男子3メートル板は36歳寺内V 飛び込み日本室内選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子3メートル板飛び込みで優勝した寺内健=東京辰巳国際水泳場

 飛び込みの日本室内選手権第2日は10日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子3メートル板飛び込みは五輪5度出場の36歳、寺内健(ミキハウス)が436・85点で優勝した。2位は424・10点の須山晴貴(島根大)、新良貴優(福井県体協)が3位で続いた。世界選手権代表の坂井丞(ミキハウス)は体調不良のため、棄権した。

 女子高飛び込みは三上紗也可(米子ク)が318・70点で制した。世界選手権代表の佐々木那奈(JSS宝塚)は0・70点差で2位だった。