横浜市長選、現職と2新人の争い 告示、30日投開票

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 林文子氏、伊藤大貴氏、長島一由氏

 任期満了に伴う横浜市長選が16日告示され、いずれも無所属で、3選を目指す現職林文子氏(71)=自民、公明推薦=と、元衆院議員長島一由氏(50)、元横浜市議伊藤大貴氏(39)の新人2人が届け出た。投開票は30日。

 2期8年の林市政への評価やカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の誘致の是非が主な争点。伊藤、長島両氏はカジノ反対を掲げ、一時は誘致に前向きだった林氏は賛否を明言していない。自民党が惨敗した東京都議選の影響も注目される。