イラン、核合意を順守 IAEA報告書

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は13日、イランが欧米など6カ国と結んだ核合意に関し、核開発の制限措置を順守しているとの報告書をまとめた。低濃縮ウランの保有量は今月上旬時点で96・7キロ、重水も同様に114・4トンと、いずれも核合意で定めた上限を下回った。

 外交筋によると、報告書は、IAEAが必要と判断したイラン国内の全ての施設などについて追加議定書に基づく査察を実施したとした。IAEAは約3カ月ごとに報告書をまとめている。