ドイツ社民、大連立協議入りへ 来週にもメルケル氏と会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ベルリン共同】ドイツ第2党の中道左派、社会民主党(SPD)は7日、SPDとの大連立を目指すメルケル首相率いる第1党の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)からの呼び掛けを受け、協議に応じる方針を決めた。この日に開幕した党大会の採決で承認された。SPDのシュルツ党首は来週にもメルケル氏らと会談する。

 最近まで政権参加を拒んでいたSPDが協議入りを決めたことで、ドイツ政局の混迷が解消に向かう可能性が出てきた。ただ、実際に連立入りを決める際は改めて党員投票にかける予定で、大連立実現は予断を許さない状況だ。