IH女子で南北合同チーム推進 韓国文化体育観光省次官

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル共同】韓国文化体育観光省の盧泰剛第2次官は12日、聯合ニュースのインタビューに応じ、北朝鮮が参加を表明した平昌冬季五輪のアイスホッケー女子で南北合同チーム結成の作業を進めていると明らかにした。盧氏は9日の南北会談に出席した韓国代表団の一人。韓国側が提案したとしている。

 聯合によると、盧氏は南北が合意済みかどうかは明言しなかった。国際総合大会で合同チームが実現すれば史上初めて。競技別の国際大会では1991年の卓球の世界選手権とサッカーの世界ユース(20歳以下)選手権で結成されたことがある。