ヘリ落下部品で屋根貫通住宅も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 陸上自衛隊ヘリが墜落した住宅=11日午後、佐賀県神埼市

 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅に墜落した事故で、陸自は11日、この住宅以外に、落下した部品が住宅の屋根を貫通するなど、周辺7棟で被害を確認したと明らかにした。けが人はないという。陸自は周辺住民に既に謝罪し、損害賠償を検討しているという。

 貫通した住宅は墜落現場から数十メートル先にあり、部品は回収された。陸自は部品の種類や大きさ、重さを明らかにしていない。

 このほか近隣の小屋の屋根が壊れたり、倉庫の壁に穴が開いたりしているのが確認された。現場から約200メートル離れた幼稚園の遊具にもヘリの油が付着していた。