東名高速で3台絡む事故、静岡 ポリエステル流出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大型トラックやクレーン車などが絡む事故があった東名高速下り線=13日、静岡県小山町(静岡県警提供)

 13日午前4時ごろ、静岡県小山町竹之下の東名高速下り線で、大型トラックやクレーン車など3台が絡む事故があった。地元消防によると、トラックが運んでいたポリエステル樹脂約200リットルが現場周辺に流出、吸着マットを使い撤去作業を行った。トラックの神奈川県平塚市の運転手(44)が右脚に軽いけが。

 静岡県警高速隊によると、現場は緩やかな左カーブ。登坂車線を走行中の大型トラックがクレーン車に追突。横転した大型トラックに、さらに別の大型トレーラーが衝突した。同隊が詳しい事故原因を調べている。

 事故の影響で、東名高速下り線は現場周辺で一部車線が規制された。