裁量労働制巡り、首相が答弁撤回

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、働き方改革に含まれる裁量労働制を巡り、労働時間の縮減効果をアピールする過去の発言について「答弁を撤回し、おわび申し上げる」と陳謝した。答弁の根拠とした厚生労働省の調査に疑義が生じていた。