ジャンプ銅の高梨選手が帰国 「おめでとう」と歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 笑顔で平昌冬季五輪から帰国したノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルの高梨沙羅選手=14日午後、羽田空港

 「おめでとう」「おかえり」。平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅選手(21)=クラレ=が14日、現地から羽田空港に帰国し、出迎えたファンら数百人が拍手と歓声を送った。

 高梨選手が到着ロビーに現れると、集まったファンや報道陣らが一斉にカメラを向けた。首から銅メダルを下げた高梨選手は終始笑顔で、出迎えた人たちに何度も頭を下げ、手を振り続けた。

 同じく銅メダルを勝ち取ったフリースタイルスキー男子モーグルの原大智選手(20)=日大=も続けて帰国し、出迎えた人々に「ありがとうございます」と応えた。