不妊手術強制、与党が救済策検討へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 旧優生保護法の下で知的障害などを理由に不妊手術が繰り返されていた問題で、自民党内に救済検討の動きがあることが15日、分かった。プロジェクトチームを設置し、議員立法などの具体策を議論する。