東証、午前終値2万1434円 上げ幅一時300円超

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日午前の東京株式市場は、前日の米株高を好感して買いが強まり、日経平均株価(225種)は反発した。上げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前日終値比280円46銭高の2万1434円63銭。東証株価指数(TOPIX)は19・45ポイント高の1722・17。

 1月の米消費者物価指数が市場予想を上回る内容となり、米長期金利は上昇した。米ダウ工業株30種平均はいったん下落したが、その後、上昇に転じて引けたことで東京市場もひとまず落ち着きを取り戻した。割安感のある好業績銘柄に買い戻しが入った。