平昌五輪、強風で16人軽いけが 大会組織委が発表、33人ノロも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【平昌共同】平昌冬季五輪の大会組織委員会は15日の記者会見で、14日に沿岸部江陵の五輪公園で見舞われた強風の影響で16人が軽いけがを負ったと発表した。運営スタッフ13人と観客3人で、いずれも擦り傷などだったという。60の仮設テントが被害を受けたことも明らかにした。

 新たに33人のノロウイルス感染者が確認されたとし「江陵で増えている。注視しなければいけない」と警戒感を示した。