衣料品のネット通販新会社を設立 ソフトバンクとストライプ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記念撮影するストライプインターナショナルの石川康晴社長(中央)ら=15日、東京都港区

 ソフトバンクと衣料品販売のストライプインターナショナル(岡山市)は15日、共同出資会社を設立し、婦人服や紳士服を扱う新たなインターネット通販サイトの運営を始めたと発表した。約600ブランドの約6万点を扱う。3年で約2千ブランドに増やし、大手百貨店と遜色ない品ぞろえを目指す。

 会社名は「ストライプデパートメント」(東京)。ストライプインターナショナルが77・8%、残りをソフトバンクが出資した。衣料品通販業界はゾゾタウン運営のスタートトゥデイなど先行企業がひしめいており、競争が激しくなりそうだ。