「福島はあなた自身」を出版 原発事故発生から7年を前に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 出版された「福島はあなた自身 災害と復興を見つめて」

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故について考え、教訓を伝えようとする「福島はあなた自身 災害と復興を見つめて」(福島民報社)が出版された。2017年3月に都内で開かれたシンポジウムの発言記録に加筆・修正して書籍化した。15日から主に福島県内の書店で販売が始まった。

 編者はシンポジウムを主催した東京大大学院哲学研究室の一ノ瀬正樹教授ら3人。出席した当時の南相馬市長、桜井勝延さんら8人が、放射線の人体への影響などについて発言した内容が収録されている。

 震災と原発事故発生から来月11日で丸7年となる。

 B5判、192ページで2160円。