日本電産社長に吉本浩之氏昇格

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本電産社長に昇格する吉本浩之氏

 日本電産は15日、吉本浩之副社長(50)が社長に昇格する人事を発表した。6月20日の株主総会後に就任する。社長交代は1973年の創業以来初めて。創業者の永守重信会長兼社長(73)は社長は退くが代表権のある会長にとどまり、引き続き最高経営責任者(CEO)として経営のかじ取りを担う。

 吉本氏は日商岩井(現双日)や日産自動車などを経て2015年に日本電産に入社。自動車部品部門の収益改善に貢献し、永守氏から手腕を評価された。

 永守会長は京都市で記者会見し、吉本氏の起用について「若い方に渡したいという強い思いがあった」と述べた。