低温大雪、ラニーニャが影響 気象庁「2月末まで注意を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 気象庁

 気象庁は15日、昨年12月以降、北から寒気が流れ込んで全国的に低気温となり、記録的な大雪が降ったのは、異常気象の原因となる「ラニーニャ現象」が要因の一つだとする分析結果を発表した。寒気が流れ込みやすい状態は2月末まで続く見通しで、日本海側を中心に注意を促している。

 ラニーニャ現象は太平洋の赤道域の南米側で海面水温が低くなり、インドネシアやフィリピン周辺で高くなる状態。昨年秋から南米ペルー沖の監視水域では水温が低い状態が続いており、ラニーニャ現象が発生しているとみられる。