豪閣僚とスタッフの性的関係禁止 首相、副首相不倫騒動で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【クライストチャーチ共同】オーストラリアのターンブル首相は15日、ジョイス副首相と元スタッフの女性の不倫騒動で連邦議会が混乱している事態を受け、閣僚にスタッフと性的関係を持たないよう求めた。

 大衆紙が先週、ジョイス氏の相手として元広報担当の女性(33)の妊婦姿の写真を掲載、議会はこの問題で持ちきりとなった。ジョイス氏は女性が4月に出産予定と明らかにした上で妻や4人の娘に謝罪した。

 首都キャンベラで記者会見したターンブル氏は「ジョイス氏は衝撃的な判断の誤りを犯した」と指摘し「閣僚が自分たちのために働いてくれる人と性的関係を持つことは容認できない」と述べた。