集団暴行死で3人に実刑判決 兵庫・川西

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 兵庫県川西市で2013年、集団生活を共にしていた肥後恭子さん=当時(25)=を激しい暴行で死なせたとして、傷害致死罪などに問われた無職田口恵子被告(33)ら男女3人の裁判員裁判で、神戸地裁は15日、恵子被告に懲役11年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

 肥後さんの元夫の弟で、恵子被告と事実上の結婚関係の無職下地道嗣被告(35)は懲役9年6月(求刑懲役10年)、無職田口貴慎被告(26)は懲役6年6月(求刑懲役7年6月)の判決だった。

 判決によると、3人は角材や特殊警棒を使い肥後さんを殴打。肥後さんは全身打撲を負い、吐いたものがのどに詰まり窒息死した。