東京円、1年3カ月ぶり円高水準 一時106円18銭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで円が買われ一時、2016年11月以来約1年3カ月ぶりの円高水準となる1ドル=106円18銭を付けた。

 午後5時現在は、前日比1円04銭円高ドル安の1ドル=106円36~37銭。ユーロは06銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円94~98銭。

 前日発表された1月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことを受け米長期金利が上昇。米経済の成長が抑えられるとの思惑が広がり、朝方からドルを売って円を買う動きが優勢となった。