16日に改憲の模擬国民投票実施 各党議員、市民にプレゼン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国民投票の論点を探るための模擬投票で、参加者にプレゼンする国会議員ら=15日午後、東京・永田町

 憲法改正の賛否を問う国民投票では、どんな問題点が浮かび上がるのか。改憲の発議が早ければ年内にも予想されることを受け、市民団体が15日、論点を探るため、東京・永田町で9条改正をテーマにした「模擬国民投票」を2日間の日程で実施した。15日は与野党の国会議員らによるプレゼンテーションを基に「自衛隊明記」や「改正不要」などの案について討論した。模擬投票は16日に行う。

 主催者代表のジャーナリスト今井一さんは「模擬投票を通じ、実際の国民投票で議論すべき論点が明らかになるだろう」と話している。