小平奈緒選手らにメダル授与 高木美帆選手は大会2個目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 平昌冬季五輪のメダル授与式で笑顔を見せる(左から)銀の小平奈緒と渡部暁斗、銅の高木美帆=15日、韓国・平昌(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒選手(31)と銅メダルの高木美帆選手(23)、ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで銀メダルの渡部暁斗選手(29)が15日、平昌五輪スタジアム近くの広場での式典に出席し、メダルを受け取った。

 日本選手団主将の小平選手は「素直にうれしい」と個人種目では初のメダルを喜んだ。今大会2個目のメダルとなった高木選手も「団体追い抜きでは本当に1番を狙っていきたい」と気持ちを新たにした。

 渡部選手は「これが金メダルだったら最高だな」と語り、個人ラージヒルでの雪辱を期した。