日銀の黒田総裁再任案16日提示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 黒田東彦日銀総裁

 衆参両院の議院運営委員会は15日、政府から国会同意人事案の提示を受ける議運委理事会を16日午前に開催すると決めた。複数の与党関係者によると、日銀の総裁と副総裁2人の人事案が含まれる。政府は、今年4月に5年の任期を終える黒田東彦総裁を再任する方針を固めており、副総裁人事が焦点となっている。

 黒田氏は財務官やアジア開発銀行(ADB)総裁を経て、2013年3月に日銀総裁に就任。再任されれば、半世紀ぶりの在任5年超となる。安倍晋三首相は経済政策「アベノミクス」のけん引役の大規模緩和を導入した実績を高く評価した。黒田氏続投で国内外に経済政策の継続を訴える。