南アフリカ与党党首が新大統領に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アフリカ民族会議議長のラマポーザ氏

 【ケープタウン共同】南アフリカで14日にズマ大統領(75)が辞任したのを受け、与党アフリカ民族会議(ANC)の議長(党首)を務めるラマポーザ副大統領が、15日にケープタウンにある下院で新大統領に選出され、同日就任した。元実業家のラマポーザ氏は、経済再建やANCの党勢回復などの課題に直面することになる。

 ラマポーザ氏は選出後に下院で演説し、汚職問題や国民の生活向上に取り組むと強調した。

 ラマポーザ氏は昨年12月のANC議長選で、汚職撲滅や景気回復に取り組むと訴え、ズマ氏側の候補に勝利。ズマ氏を2019年までの任期満了前に辞任に追い込んだ。