競泳、池江が50mバタで日本新 欧州グランプリ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 池江璃花子

 競泳の欧州グランプリは10日、フランスのカネで行われ、女子の池江璃花子(ルネサンス)が50メートルバタフライで25秒11の日本新記録をマークし優勝した。5月に自身が出した記録を0秒14更新した。100メートル自由形も53秒10の好記録で制した。

 女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(早大)が2分23秒64で勝ち、男子100メートル自由形は中村克(イトマン東進)が48秒89で優勝。男子200メートル平泳ぎは昨年の世界選手権覇者のアントン・チュプコフ(ロシア)が2分8秒81で制し、渡辺一平(早大)が2位、小関也朱篤(ミキハウス)が3位だった。(共同)