カジノ法案、13日採決方針 委員長職権に野党抵抗へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案に関し、衆院内閣委員会の山際大志郎委員長は12日、採決を13日に行う日程を職権で決めた。野党は審議不十分と主張しており、委員長解任決議案などの提出も視野に抵抗する構えだ。

 政府はIR整備法案を働き方改革関連法案とともに最重要案件に位置付けており、与党は14日に衆院を通過させる考え。20日までの会期を延長し、今国会での成立を図る方針だ。

 12日の同委理事懇談会で審議日程を巡り与野党が折り合わず、野党側は退席。これを踏まえて、山際氏が職権で13日採決を決めた。与党理事は「十分審議したと自負している」と強調した。