東京円、110円台半ば

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台半ばで取引された。

 午前10時現在は、前日比16銭円安ドル高の1ドル=110円47~48銭。ユーロは34銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円75~76銭。

 今週開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に利上げが加速するとの観測から、ドル買い円売りが先行した。

 市場では、前日の米朝首脳会談に関し「非核化への具体的な手順が示されなかった。投資家の警戒感は拭えず、安全資産とされる円を買う動きもみられた」(外為ディーラー)との声が聞かれた。