住宅から4億円盗んだ疑い、広島 県警、男を逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広島県尾道市の住宅から現金約4億円が入った金庫を盗んだとして、県警が窃盗などの疑いで、名古屋市在住の中島一樹容疑者(31)を逮捕していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、2月に住宅に住む男性から「侵入された形跡がある」と通報があった。玄関近くの窓ガラスが割られ、中2階に置いていた約4億円入りの金庫がなくなっていたという。

 現場の遺留物などから中島容疑者が浮上した。現場の状況から複数の共犯者がいるとみられる。

 男性が外出した短時間の間に盗まれており、県警は中島容疑者が現金の保管場所を知っていたとみて調べている。