仙台地裁、国に違憲性認否を要請

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る訴訟の口頭弁論で、仙台地裁に向かう原告側弁護団と支援者ら=13日午後

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の60~70代の女性2人が、救済や立法措置を怠ったのは違法として国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論で、仙台地裁は13日、原告側が主張する旧法の違憲性に対する反論や主張を行わなかった国に、認否や考えを明らかにするよう求めた。

 国の6日付準備書面では、原告側が主張する旧法の違憲性について触れず、被害者の救済制度を立法しなかった国会の不作為は違法ではないと主張。救済措置を講じなかった政府についても「施策を講じる法律上の義務を負っていたとは言えず、違法と評価できない」としている。