佐川氏らの不起訴不服、市民団体 検察審査会に申し立て

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 検察審査会への申し立て後、記者会見する市民団体の八木啓代代表=13日午後、大阪市

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題で、学者や弁護士らでつくる東京の市民団体は13日、大阪地検特捜部が佐川宣寿前国税庁長官らを不起訴としたのを不服として、大阪第1検察審査会に審査を申し立てた。他の団体からも申し立てが相次いでいる。

 市民団体は「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」。八木啓代代表は同日、大阪市内で記者会見し「この案件は裁判にかければ、ほぼ間違いなく有罪になる」と強調した。