全日空制服納入で談合、課徴金納付命令へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 全日本空輸の客室乗務員らの制服納入で受注を調整したとして、公正取引委員会が独禁法違反の疑いで、百貨店3社に計約3200万円の課徴金納付を命じる方針を固めたことが14日、関係者への取材で分かった。