映画監督の深田晃司氏に仏勲章 「こつこつ作り続けたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フランス政府から芸術文化勲章シュバリエを贈られ、喜びを語る映画監督の深田晃司さん=15日午後、東京都渋谷区

 映画監督の深田晃司さん(38)が、フランス政府から芸術文化勲章シュバリエを贈られ、東京都渋谷区の映画館で15日、叙勲式が開かれた。

 深田さんは「私の映画を支えてくれた全てのスタッフ、俳優全員に与えられた勲章だと思っています。今後も気を緩めず、こつこつと映画を作り続けたい」と語った。

 深田さんは、2016年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で、「淵に立つ」が2席に当たる審査員賞を受賞するなど、フランスで高い評価を受け、世界的にも注目を集めている。