滋賀県警の取り調べは「どう喝」 大津地裁、調書採用せず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 滋賀県長浜市で母子を刃物で切り付けたとして殺人未遂罪などに問われた女(44)=懲役11年が確定=に対する滋賀県警の取り調べが「どう喝に準じる」として、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)が4月の裁判員裁判で不適切と指摘し、一部の調書を証拠不採用としていたことが9日、弁護側関係者らへの取材で分かった。

 弁護側が証拠請求した取り調べの録画映像で判明。地裁は警察官が作成した調書の一部と、その後に取り調べた検察官の調書を不採用とした。その上で捜査の序盤で取り調べした別の警察官作成の調書のみを採用し、有罪判決を言い渡した。