5月の経常黒字1兆9383億円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 財務省が9日発表した5月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は1兆9383億円の黒字だった。47カ月連続の黒字で、黒字幅は前年同月に比べ14・5%増加した。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は3038億円の赤字だった。輸出は10・6%増の6兆3232億円、輸入は13・7%増の6兆6271億円。原油高による輸入増が赤字の主な要因となった。

 サービス収支は423億円の黒字だった。旅行収支が訪日旅行客の増加に伴い、5月として過去最高となる2113億円の黒字となったことが寄与した。