自動車工場、操業休止続く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 西日本を中心とした豪雨による企業活動への影響は週明けの9日も続いた。自動車メーカーでは交通網の寸断による物流の混乱で部品の調達が困難となり、マツダやダイハツ工業が9日も京都府や広島県、山口県、大分県などの工場で操業を休止することを決定した。

 一方で、三菱自動車が水島製作所(岡山県倉敷市)を稼働させ、トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)も休止していた宮田工場(同市)など3工場の稼働を再開するなど、復旧の動きもみられる。

 マツダは7日に操業を休止した本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)の2工場について、10日まで操業を見送る。