東京円、110円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け9日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前週末比17銭円高ドル安の1ドル=110円40~41銭。ユーロは54銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円93~97銭。

 前週末発表の米雇用統計を受け、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースが穏やかになるとの見方が拡大し、ドルを売って円を買う動きがやや優勢だった。

 市場では「西日本豪雨は為替市場には影響がなかったようだ」(外為ディーラー)との声が聞かれた。