熊野那智大社で大しめ縄張り替え 滝の上で作業、観光客はらはら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 那智の滝の上に架かる大しめ縄の張り替え作業をする神職ら=9日、和歌山県那智勝浦町

 世界遺産の熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)で9日、那智の滝の上に架かる大しめ縄が張り替えられ、連日の雨で滝が増水する中、観光客らは高さ133メートルでの作業をはらはらしながら見上げた。14日に行われる例大祭「那智の扇祭り(火祭)」を前にした恒例行事。

 熊野那智大社の拝殿で神事をした後、白装束に烏帽子姿の神職ら5人が滝の上まで続く山道を登った。わらじを履き滝の水にくるぶしまで漬かって、長さ約26メートル、重さ約4キロの大しめ縄を持ち上げて作業した。

 大しめ縄は年の瀬にも張り替えられる。